COLUMNコラム

クリスマスの装飾アイテム・ギフト

2018.11.13

日増に寒さが厳しくなり、そろそろこたつが恋しい季節となってきました。
花市場ではポインセチアが出荷レーンを鮮やかな赤で彩り、
年末の顔、シクラメンも出回り始めました。

街路樹のイルミネーションが灯りはじめると、
会社のエントランスに飾るクリスマスツリーをご検討される方も多いかと思います。

今回はクリスマスの装飾アイテムと、ギフトのご案内です。

 

 

― 装飾アイテム ―

クリスマスツリー


もみの木は、冬でも葉を落とさない「針葉樹」です。
その生命力あふれる姿から「永遠の命」という意味が
込められています。
また、一般的なオーナメントにもそれぞれ意味があります。

クリスマスリース

丸く終わりのないその形は「永遠」を表します。
また、時の流れを表すものなので、飾りは時計回りに流れる
ように取り付けるのが正式です。

イルミネーション

世を照らす光とされています。発色がよく、熱のこもらない
LEDライトを使用するのが主流です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※宗教的な関係で、「Christmas」という表現を避ける企業もございます。

 

 

 

― ギフト ―

クリスマスアレンジ

生モミを使用したクリスマスツリーのようなアレンジです。
卓上や受付に飾るのにちょうど良いサイズです。
ちょっとした手土産としても華やかです。

ハーバリウム

クリスマスカラーのハーバリウムです。
容器の中に満たされている液体は、ハーバリウム専用の特殊なオイルです。
この中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを漬け込むことで、
その美しい色合いを約1年ほど保つことができます。

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚

オフィスで働く社員や、訪れたお客様が楽しんでいただけるよう、
今まで導入されたことがなかった企業様も、是非一度この機会に
ご検討してみてください。